肌美白の書

シミや日焼けを改善・予防する化粧品の選び方

日焼け

若いころは肌代謝が活発なので、肌の生まれ変わりの過程でメラニンが排泄されます。そのため、シミを消すことはそれほど難しくありません。

 

しかし、年齢を重ねると肌代謝が低下をして肌の生まれ変わりの周期が遅くなるので、シミを消すことが難しくなります。

 

日焼けをすると若いころよりも、元の肌の色に戻るのがが遅いと感じた経験があると思います。

 

しかし、あきらめないでください。セルフケアで改善するシミもあります。

 

ここでは、

 

  • シミの原因
  • 日焼けで出来るシミのケア方法
  • 化粧品の選び方

 

などを解説していきます。

 

 

シミの原因は?

 

シミにも色々種類がありますが、多くの人が悩んでいて一番よくできるシミは紫外線による日焼けが原因出来る、日光性黒子老人性色素班というシミです。

 

紫外線を浴びるとシミの原因となるメラニンが活性化し、シミになります。

 

 

シミを薄くする力が期待できる化粧品

日焼けやシミを消すために有効なものが医薬部外品の美白化粧品です。

 

医薬部外品の美白化粧品には、厚生労働省が認可した美白成分が配合されています。

 

美白成分には2種類あります。

 

  1. メラニンの生成を抑制する働き
  2. メラニンを薄くする働きの2つの働き

 

これらの働きをする成分には、有名なものでビタミンC誘導体ハイドロキノンがあります。

 

この他には、プラセンタ、カモミラET、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸などがあります。

 

シミや日焼けを消すなら、ビタミンC誘導体やハイドロキノンを配合した化粧品を選ぶとよいでしょう。ただし、ハイドロキノンは肌への刺激があるので、肌が弱い方は使用に注意をしてください。

 

 

シミを予防することも大切

 

シミや日焼けを消すよりも、予防をする方が簡単です。できてしまったシミや日焼けを消すには根気が必要で改善しないこともあるので、予防をしっかりとしましょう。

 

予防をするためには、紫外線対策をすることが大切です。

 

そして、化粧品で対策をするなら、メラニンの生成を抑制する働きがある成分を配合した化粧品を使用するとよいでしょう。

 

メラニンを抑制する働きがある成分には、プラセンタエキス、カモミラET、コウジ酸などさまざまあるので、肌にあったものを選んでください。

 

たとえば、乾燥が気になるなら保湿作用があるプラセンタエキスを使用するとよいでしょう。

 

アルブチンやエラグ酸は肌への刺激が比較的少ないです。そして、使用量を守って使いましょう。