手の甲のシミを消す方法

手の甲のシミを消す方法

手のシミを消す

 

 

老化によるバリア機能の低下

 

年をとるとシミが生じやすくなりますが、これは肌のバリア機能が老化によって減少するためです。

 

肌には本来は、健康状態を維持するためのコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が多く含まれています。

 

これらはいずれも、肌の水分や弾力を保つために働いています。

 

しかし年をとると、肌ではこれらが若い頃ほど多くは生成されなくなります。

 

そのため肌からは水分や弾力が失われやすくなりますし、その分バリア機能も低下していきます。

 

すると紫外線の影響を多く受けるようになることから、シミが生じる可能性も高くなるわけです。

 

家事などによる肌の劣化も原因

しかも女性の場合、男性と比較すると、家事などで洗剤を使う機会が多めです。

 

そしてこれもまた、肌のバリア機能の低下の原因となります。

 

なぜなら洗剤には、油分を除去する界面活性剤が多く配合されているからです。

 

使用することで油汚れがスムーズに除去されるのですが、その過程で肌の油分、つまり皮脂も除去されてしまいます。

 

皮脂は肌を保護するために分泌されているので、それが失われれば、肌のバリア機能はそれだけ低下しやすくなります。

 

女性のシミは、手の甲に特によくできるのですが、これは甲の肌が洗剤で著しく劣化するからです。

 

保湿成分が配合された美白クリームで

手は胴体や足と異なり、基本的には衣服で覆い隠すことができません。

 

さらに顔のシミと異なり、ファンデーションやコンシーラーでも隠すことが困難です。

 

隠したとしても、手を洗ったり拭いたりすることでメイク化粧品が除去され、すぐに露出することになるのです。

 

そのため甲にできたシミは、隠すのではなく消すことが大事と言えます。

 

甲のシミを消す方法としては、美白クリームを使用することが効果的とされています。

 

美白クリームには、シミを構成しているメラニン色素を分解するハイドロキノンや、その排出を促すプラセンタエキスなどが配合されています。

 

そのため使用を続けていれば、シミは徐々に目立ちにくくなっていくのです。

 

さらに美白クリームの中には、先述したコラーゲンなどの保湿成分が配合されているものもあります。

 

これを使用すれば、肌のバリア機能の低下を防ぐことが可能となります。

 

老化や洗剤の使用によって保湿成分が失われても、美白クリームで補充すれば、肌では健康状態が保たれやすくなるのです。

 

そしてこれにより、甲には新しいシミが生じにくくなります。