ニキビ跡を消す方法とシミ予防に効果的なのは?

ニキビ跡を消す方法とシミ予防に効果的なのは?

ニキビ跡シミ

 

ニキビ跡の赤み、色素沈着、凹凸のクレーターは肌を美しく見せるために取り除いておきたい悩みです。

 

シミも、あるより無い方が良いですよね。

 

ニキビ跡を消す方法やシミを予防するには、ビタミンC誘導体とイオン導入が有効だと言われています。

 

どのようなものなのでしょうか。

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCは肌に良い成分で肌荒れを防ぎ、果物などから摂取できます。

 

化粧品に配合し市販されていますが、ビタミンCは肌に浸透しにくいのが難でした。そこで改良されたのがビタミンC誘導体です。

 

ビタミンC誘導体には皮脂を抑える役割や抗酸化作用があり、ニキビ跡の炎症にも効果があります。更にニキビ跡の赤みを抑え、クレーターも防ぎます。

 

また、メラニンを抑えてシミを防ぐ効果も。できてしまったニキビ跡やシミ防止に役立つビタミンC誘導体ですが、それでも浸透力が良いとは言い切れません。
そこで使えるのがイオン導入です。

 

イオン導入

微弱な電流を使用して、浸透しにくい美容成分を肌の奥まで行き届かせる美容方法です。主に美顔器を使います。

 

わたしたちの肌表面は酸性、内側はアルカリ性で保たれ反発しあっています。

 

そこに電気の膜ができるため、通常の美容成分では阻まれて肌に浸透しないのです。そこでイオン導入を使用して肌に電流を流すと、酸性とアルカリ性の反発が弱まり、電気の膜も弱まります。

 

そうすると美容成分を肌の奥まで届けることが可能になります。つまりイオン導入を使うことで、ビタミンC誘導体を確実に肌へ浸透させることができるのです。

 

イオン導入の使い方

イオン導入は美容皮膚科などの病院で行えますが、市販のイオン導入で自宅でも気軽に行えるようになっています。使い方は以下の通りです。

 

  1. ビタミンC誘導体が配合された化粧品を顔全体に塗ります。機種によってはコットンに浸し、イオン導入にくくりつけます。
  2. イオン導入を肌に数秒間ずつ軽く押し当て、少しずつ移動させて顔全体に浸透させていきます。

 

使用頻度は肌に負担が掛からないよう週1〜2度に留めておきましょう。夜の洗顔後に使用するのがおすすめです。