気になるシミを隠すことができるメイク法とは?

気になるシミを隠すことができるメイク法とは?

シミを隠すメイク

 

シミを隠してしまうメイクができる化粧品ってあるの?

 

シミを薄くするためには、肌の内側からのケアも必要です。

 

しかしこの方法は正当ですが、時間がかかりますよね。

 

美白化粧品やサプリメントでケアしている間は、メイクでシミを隠すテクニックにかかっていると言っても過言ではありません。

 

どこの化粧品メーカーも、「シミやくすみを消せる」と、うたい文句にしていますが、メイクの効果は実感できない経験もありました。

 

「シミを隠すことができる化粧品なんてあるの?」とよく聞かれますが、答えは「あります!」とはっきり言えます。

 

その化粧品のブランド名は私も愛用している「かづきれいこ」です。

 

この化粧品を正しく使うと、肌がキレイに見える事間違いなしなので、シミを隠すためのメイク方法について解説していきます。

 

 

気になるシミをうまく隠すメイクテクニック

 

まず、この化粧品のすごいところは化粧下地から始まります。

 

メイクは無駄に重ね付けすればいいというものではありません。

 

化粧下地の色はイエローを選びます。

 

イエローは、膨張色だから嫌だと思われる方もいると思います。

 

でも私たち黄色人種にとって、イエローという色はシミを隠す絶好な色なのです。

 

この化粧下地を塗ることによって、気になるシミも第一段階として隠すことができます。

 

さらに、化粧下地を使うことで、肌を整え、これから行うメイクのゴワツキなどを抑えることもできます。

 

 

シミを隠せるメイクは、コンシーラーよりカバーファンデーションを使う

 

次のメイクアイテムとしてコンシーラーを使うと思いますが、先にファンデーションを塗ります。

 

詳しいことは後程お話ししますが、ファンデーションを顔全体に塗った後、残ったファンデーションとカバーファンデーションを混ぜます。

 

このカバーファンデーションの色は、オレンジがシミを隠すには有効的です。

 

頬から目にかけて、シミの部分を隠すように、くの字形と逆くの字形に指を使って塗ります。

 

そしてスポンジを使って、余分な油分を取りながら、お肌を擦らないようにポンポンと軽くタップしながら、メイクをお肌になじませていきましょう。

 

 

コンシーラーを使わずに、ファンデーションだけのナチュラルメイクでシミを隠すには?

 

ナチュラルメイクでシミを隠す時、リキッドファンデーションの色は色白の方でも、普通肌用を使うことをおすすめします。

 

お肌の色よりワントーン暗めの色をのせることでシミを隠す効果が増します。

 

リキッドファンデーションは指を使って塗っていきます。

 

この時、シミを隠すことに重点を置かず、顔全体を引き上げるように塗っていきます。

 

塗り終わったらスポンジを使い、ファンデーションと肌になじませます。

 

このひと手間で余分なファンデーションを取り除き、メイクの厚塗りを防ぐことができます。

 

そして気になる部分だけ、カバーファンデーションを使って重ね塗りします。

 

 

シミを隠したメイクは、もう厚化粧とは言わせません!

 

シミを隠すことに集中したメイクでは、厚塗りの老け顔になってしまうことは必須です。

 

そうならない為にもメイクの重ね塗りをする部分は、隠すシミのある部分だけに限定します。

 

そうすると、肌本来の透明感も失わずに済みます。

 

それでも厚ぼったいと感じる時は、パールのカバーファンデーションを使います。

 

例えば、鼻筋に一本線をさりげなく引いてやれば、鼻筋が通って見えます。

 

これだけでも目の錯覚を引き起こすことができ、シミから目をそらさせる手段となります。