肌美白の書

ルミキシルで濃いシミを消す方法

ルミキシル(LUMIXYL)

メラノサイトの酸化が原因

人の肌には、メラノサイトと呼ばれる細胞が存在しています。

 

メラノサイトは、紫外線を浴びると活性酸素によって酸化して、チロシナーゼという酵素を多く生み出すようになります。

 

そしてチロシナーゼからは、メラニン色素が生成されます。

 

このメラニン色素が増えれば増えるほど、肌は色濃くなっていきます。

 

夏場に日光を多く浴びると肌は日焼けで黒くなりますが、これは日光に含まれている紫外線で、メラニン色素が多く生み出されることが原因となっているのです。

 

そしてシミは、このメラニン色素が肌の一部で過剰に作られることで生じます。したがってシミ対策としては、紫外線を浴びないように注意することが効果的と言えます。

 

酸化を防止する美白化粧品

 

とはいえ、日光を避けて生活することは困難です。

 

そのため多くの人がシミ対策として、メラノサイトの酸化を防止できる美白化粧品を使用しています。

 

酸化防止効果のある美白化粧品には、たとえばビタミンC誘導体が配合された化粧水や美容液があります。

 

ビタミンCは活性酸素に反応しやすい成分なので、そのためこれを誘導体によって肌に与えると、メラノサイトは活性酸素の影響を受けにくくなります。つまりビタミンCが、メラノサイトの代わりに酸化することになるわけです。

 

ところがビタミンCは、空気中の酸素とも結合して酸化します。

 

そのためビタミンC誘導体が配合されている美白化粧品を使用しても、メラノサイトにまで浸透する前に酸化して、役に立たなくなる可能性があります。

 

そのことから近年では、ビタミンC誘導体ではなくルミキシルが配合された美白化粧品も使われるようになっています。

 

酸化しにくい美白化粧品

 

ルミキシルは、非常に酸化しにくいという性質を持つ美白成分です。

 

そのため使用すると、メラノサイトがこれに包まれることで、酸化しにくくなります。

 

つまり、ルミキシル自らが酸化することでメラノサイトを守るビタミンC誘導体とは反対の作用で、美白効果をもたらすわけです。

 

しかもルミキシルは、空気に触れても簡単には酸化しないので、正常な状態で肌に浸透していきます。

 

その分、ビタミンC誘導体よりもルミキシルの方が高い美白効果が期待できるのです。

 

さらに、空気で酸化しにくいということは、開封しても長持ちしやすく、継続的なシミ対策ができるということです。

 

その間は新しいシミは出来にくくなりますし、既に出来ているシミも、新陳代謝によって古くなったメラニン色素が除去されることでどんどん薄くなっていきます。

 

そのためルミキシルが配合された美白成分の使用は、シミを消す方法としても有効と言えます。