くすみやシミの原因と、それらを目立ちにくくするために効果的な化粧品

くすみやシミの原因と、それらを目立ちにくくするために効果的な化粧品

くすみ

くすみが生じる原因

 

10代や20代の肌には透明感があるのですが、その透明感は30代や40代になると失われていきます。

 

これは、肌でコラーゲンなどの保湿成分が生成されにくくなることが原因です。

 

コラーゲンが十分に生成されていると、肌からは水分が蒸発しにくくなります。

 

つまり潤いが保たれやすくなるということですが、肌の透明感はこれによってもたらされているのです。

 

しかしコラーゲンの生成量が減ると、水分不足から肌表面が乾き、角質が浮き上がりやすくなります。

 

その浮き上がった角質が増えていくにつれて、肌は徐々にくすんで見えるようになっていくのです。

 

さらに水分不足によって、肌ではメラニン色素が作られやすくなります。

 

そしてメラニン色素が増えれば増えるほど、くすみの度合いは増していくことになります。

 

さらにメラニン色素が肌のごく一部で過剰に作られると、そこにはシミができることもあります。

 

くすみはメイク化粧品で隠すことが可能

 

しかしくすみは、メイク化粧品を使えば隠すことができます。

 

具体的には、明るい色合いのファンデーションを塗れば、くすみによって色濃くなった肌は、白く見えるようになるのです。

 

さらにファンデーションの中には、肌に光沢を与えるシルクやマイカなどが配合されているものもあります。

 

これを塗ることで、肌は透明感のある状態にも見えるようになります。

 

またカバー力の高いファンデーションなら、くすみよりもさらに色濃いシミでも覆い隠すことが可能です。

 

そしてコンシーラーやBBクリームを併せて使用すれば、シミは一層目立ちにくくなります。

 

これらを重ね塗りすれば、完全に隠すことも可能となるのです。

 

くすみの根本的な解消は基礎化粧品で

しかしメイク化粧品で隠したくすみやシミは、メイク落としをすれば当然、再び表面に出てきます。

 

しかもメイク落としの過程で、肌のコラーゲンや水分がさらに失われ、くすみがより色濃くなってしまうこともあるのです。

 

そのためメイク落としをした後には、基礎化粧品でたっぷりと水分を補充する必要があります。

 

コラーゲンが配合された基礎化粧品を使用すれば、水分と一緒にコラーゲンが補充されることで、肌は一層潤いやすくなります。

 

しかもくすみの原因はコラーゲン不足にあるので、補充によりくすみを根本的に解消することも可能となります。

 

中には、メラニン色素を分解するハイドロキノンが配合された基礎化粧品もあり、それを使用した場合は、シミも徐々に薄くなっていくのです。