シミが消える ハイドロキノン 効果

ハイドロキノンでシミが消えるメカニズム

ハイドロキノン

 

「シミを消す」とか、「シミを作らない」といった効果を期待できると話題になっていて人気沸騰中のハイドロキノン。

 

その威力はこれまでの美白化粧品とは比較にならないほどです。その効果はアルブチンやコウジ酸などの美白成分の100倍とも言われています。

 

 

ハイドロキノンの効果とは?

 

なぜハイドロキノンにはそれほど高い効果があるのでしょうか?

 

それは、ハイドロキノンが持つ「シミの元へ直接働きかける」という特徴のためです。

 

これまではシミを完全に消すにはレーザー治療に頼るしかないと思われていました。

 

しかし、ハイドロキノンの登場により、自宅でも手軽にシミを消すことが可能になったのです。

 

ハイドロキノンには、シミの元となるメラニンの生成を阻害する働きと、メラノサイトに直接作用してメラニンを発生させない働きがあります。

 

この2つの作用によって、

 

  • すでに出来てしまったシミを薄くする
  • シミができるのを防ぐ

 

という2つの効果が期待でき、シミの予防と改善が一度にできる成分なんです。

 

そのため、ハイドロキノンを普段のお手入れに加えるだけでレーザー並みのシミ消し効果が得られるのです。

 

 

効果が出るまでの期間はどのくらい?

高い美白力を持つハイドロキノンですが、どのくらい使い続けると効果を実感できるのでしょうか?

 

ハイドロキノンで実際にシミが薄くなったり、消えたりする期間には個人差やシミの状態によって違いがあります。

 

だいたい1〜2ヵ月ほど使い続けると効果を実感する人が多いようですが、薄いシミなら早い人では数週間で効果があらわれるケースも。

 

しかし、早く効果を得たいからと、いきなり濃度の高いハイドロキノンを使うのはご法度です。

 

濃度が高くなれば確かにシミ消しの効果も上がりますが、同時に炎症を起こす危険性も高くなってしまいます。

 

もしご自分で購入されるのであれば、まずは低濃度のものや、刺激の少ない製法で作られている商品などから試してみましょう。

 

チェックハイドロキノン配合なのに、お肌に優しいスキンケア化粧品とは?

 

ハイドロキノンを使うときの注意点

ハイドロキノンは美白効果が高い反面、肌への刺激もとても強いため、使用には細心の注意が必要です。

 

高濃度(4%以上)のハイドロキノンは含有量にもよりますが、あまり長期に使い続けると肌に負担をかけてしまうため、だいたい3か月を目安にいったんお休みする必要があります。

 

肌細胞が生まれ変わる周期は約28日と言われているため、1ヶ月間は肌を休ませましょう。

 

ハイドロキノンのシミ治療はレーザーほど即効性がなく、長期戦になります。

 

お休みする期間を取ることで肌への負担を最小限に抑え、効果的にシミ治療を続けていくことができるのです。

 

その後はまたハイドロキノンを使いはじめても大丈夫。

 

ハイドロキノンを使い始めると、皮がむけたり肌に赤みが出たりといった症状が出りこともあります。

 

そんなときは、化粧水や保湿クリームなどのスキンケアをこまめにして乾燥を防ぎ、肌を保護してあげましょう。