肌美白の書

皮膚科でメラニン色素が原因で出来るシミを消す方法

皮膚科でシミを消す

 

「出来てしまったシミを消したい!」と思ったときに、まず最初に美白化粧品を使う事が思い浮かぶのではないでしょうか?

 

実際に使ってみたのはいいけど、

 

「全く効果が出ない。」
「シミが消えない。」

 

どころか、「薄くなることすらない。」という経験はありませんか?

 

ここでは、効果が出やすい即効性がある方法をご紹介していきます。

 

 

皮膚科でシミを消す方法。

シミを消す方法は複数ありますが、その中でも特に効果的とされているのは、「ハイドロキノン」「トレチノイン」を使った塗り薬治療と「レーザー治療」です。

 

シミは肌の中でメラニン色素が過剰に作られることで生じるのですが、ハイドロキノンにはこのメラニン色素を分解する作用があります。

 

そして皮膚科でのレーザー治療の場合は、メラニン色素をレーザーの熱で除去できるので、シミを消すための治療の中でも一番即効性があると言っても過言ではありません。

 

ハイドロキノンは、以前は肌への刺激が強いという事で市販での販売はされていませんでしたが、今では法律の緩和により、化粧品に配合されて市販でも販売されるようになりました。

 

トレチノインは、まだ市販での販売は許可されていないので、

 

 

  • 皮膚科で処方してもらう
  • 海外からトレチノインが配合された化粧品や塗り薬を輸入して販売しているサイトから購入する

 

 

という方法で手に入れるのが良いでしょう。

 

 

ハイドロキノンとトレチノインは効果が高い分、お肌への刺激も強く、正しく使わないと副作用で肌トラブルが起こることもあります。

 

そのため、シミに本気で悩む人は、これらの治療を受けるために皮膚科を受診していることが多いです。

 

市販の化粧品よりも皮膚科の薬は高濃度

ハイドロキノン・は、市販の美白クリームにも配合されています。

 

しかしその濃度は1%以下か、高くても2%までの化粧品が多いです。

 

これは厚生労働省によって、濃度の上限が2%に制限されているからです。

 

ハイドロキノンは、刺激の強い成分で、高濃度のものを使用すると、肌に赤みが生じることがあります。

 

そのため市販の美白クリームでは、誰もが安全に使用できると言える濃度で、ハイドロキノンが配合されているわけです。

 

しかし、皮膚科でのシミ治療で処方される美白クリームでは、ハイドロキノンが3〜5%となっています。

 

したがって市販のものと比較すると、高い効果が期待できます。

 

もちろん皮膚科の医師は、患者のお肌の状態や肌質などの診察もした上で、安全と言える濃度のものを処方します。

 

そのため高濃度でも、用法用量を守っていれば、使用を続けることができるのです。

 

個人差がありますが、トレチノインとハイドロキノンの併用で一般的には1ヶ月ほどの使用で美白効果が表れます。

 

レーザーの熱で除去

一方、皮膚科でのレーザー治療では、メラニン色素が蓄積されてシミになっている肌細胞を熱で焦がすことで、シミを除去できます。

 

レーザーは光の一種なので、太陽光と同じように色の濃い部分に反応し、細胞を破壊します。

 

そのため、肌に照射すると、シミができている部分のみが強く熱されることになるのです。

 

熱によりその部分一時火傷状態になり、そのあとは小さな「かさぶた」ができたような状態になります。

 

そしてこのかさぶたが剥がれ落ちることで、メラニン色素がない新しい細胞が生まれてきて、やがて新しい白い皮膚が肌表面に出てきます。

 

再発防止はハイドロキノン・トレチノインの塗り薬が処方される。

レーザー治療によって新しく出てきた白い肌は、それまで肌の奥に隠れていた部分なので、お肌を守ってくれる「バリア機能」の役割をする角質層が薄い状態にあります。

 

角質層が薄いと、当然その部分のバリア機能は弱くなるので、外部からの刺激を受けやすい状態になっています。

 

つまり、少しの紫外線や摩擦などのダメージでシミが出来てしまうという事にもつながっています。

 

したがってレーザー治療後には、ハイドロキノンやトレチノインが配合された美白クリームや塗り薬が処方される皮膚科が多いです。

 

レーザー治療で手っ取り早くシミを消したからと言って、それで治療が終了ではありません。

 

シミが再発しないように、レーザー治療後の紫外線対策と塗り薬や美白化粧品でのスキンケアは怠らないようにしましょう。