シミ消しクリームで使われている注目成分、ハイドロキノンとは?

シミ消しクリームで使われている注目成分、ハイドロキノンとは?

シミを消すピーリング

 

年齢とともに気になってくるのが、お肌の状態です。

 

ハリやたるみ、毛穴も気になりますが、中でも厄介なのがシミです。

 

できてしまったシミを、シミ消しクリームで何とかしたい!

 

日頃から日焼け止めクリームをしっかり塗って、紫外線防止に気を配っていても、いつのまにかできていて、一度できてしまうと、なかなか消えてはくれませんよね。

 

目立つシミにはレーザー治療という強硬手段もありますが、できれば避けたいものです。

 

そこで頼るのが「シミ消しクリーム」。

 

ドラッグストアで買えるお手軽なものから、人気フレンチのディナー並みのお値段のものまでいろいろありますが、一体どれを選んだらいいのでしょうか。

 

 

市販のシミ消しクリームの口コミを参考にする時の注目点は?

 

市販のシミ消しクリームを購入する際には、口コミをもとに選ぶ方も多いと思います。

 

具体的なシミ消し効果はもちろん、クリームの香りやテクスチャーなどについての感想も細かくチェックしたいもの。

 

使い心地も重要なポイントです。購入前にきちんと確認しておきたいのが成分です。

 

シミ消しに有効な成分としては、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキスなどが知られています。

 

中でもクリーム状のものに配合されていて、最も効果があると言われているのが、ハイドロキノンです。

 

 

ハイドロキノン配合のシミ消しクリームは効果が高い?

 

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも言われ、メラニンを作る細胞のメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの生成を抑える働きをしてくれます。

 

さらに、皮膚に沈着したメラニンに働きかけ、シミを消す効果もあるのです。

 

一方で、ハイドロキノンは、使い方を間違えると肌トラブルを起こす可能性も高いので、市販のシミ消しクリームには使われていないことも多く、配合されていてもハイドロキノンの濃度は低く抑えられています。

 

ハイドロキノンの含有率が高いシミ消しクリームは、価格も高くなる傾向にあります。

 

 

皮膚科で処方されるシミ消しクリームは効果が高い?

 

ハイドロキノンは、美容成分というより、薬用成分と考えた方がよさそうです。

 

皮膚科で処方されるクリームには、ハイドロキノンが配合されていることが多いようです。

 

そのため、最近では、皮膚科でお願いしてシミ消しクリームを処方してもらうという人も増えています。

 

原則、保険は適用外。皮膚科で処方してもらった時は、化粧品ではなく医薬品になるので、使用方法は厳守です。

 

目元などのデリケートな部分には使用不可、冷蔵庫で保存するなどの要注意事項の他に、使用期限はいつまでか、市販の化粧品と併用してもよいのか等、医師にきちんと確認する必要があります。

 

 

 

ハイドロキノン配合のシミ消しクリームの口コミは?

 

ハイドロキノンが配合されたシミ消しクリームの口コミについては、効果があった!という人が圧倒的に多いようです。

 

一方で、肌に合わなかったので使用をやめた、という人も目立ちます。

 

薄いシミを目立たないレベルにすることはできても、濃いシミを薄くするのはなかなか難しい。

 

そんな場合、ハイドロキノンのシミ消しクリームの効果は、やはり他の成分よりも圧倒的に高いようです。

 

ハイドロキノンは効果が高い反面、副作用の可能性もある成分です。

 

ハイドロキノン配合のシミ消しクリームを使う場合は、使用法には十分注意して、様子を見ながら使う必要がありそうです。