ビーグレン アンプルール 比較

ビーグレンとアンプルール どちらがよりシミに効くか徹底比較!

ビーグレンハイドロキノン

 

気になる顔にできてしまったシミを消そうと思ったときに、一番に対策として考えるのが美白化粧品でシミを消す事ですよね。

 

でも、
「本当にシミが取れる化粧品ってあるの?」
「どんな化粧品を選べばいいの?」
そう思っている女性は多いと思います。

 

できれば、レーザーなどの手術を受けず、普段のお手入れに簡単に取り入れられる化粧品でシミを消すことができたら…と思いますよね。

 

今、シミに大きな効果をもたらす化粧品として、ハイドロキノン配合の美白コスメが話題になっています。

 

中でも口コミで特に人気を集めているのが、「ビーグレン」「アンプルール」です。

 

ビーグレンとアンプルールの共通点は、どちらも「ハイドロキノン配合」だということです

 

美白成分として有名なハイドロキノンですが、実は天然の成分からできています。

 

 

ハイドロキノンの2つの効果

  1. シミの原因となるメラノサイトの働きを抑制→新たなシミを作らせない効果
  2. 肌に留まっているメラニンを薄くする→出来てしまったシミを消す効果

 

このように、数々の美白成分がシミ予防にしか効果がないものが多い中で、ハイドロキノンは、「将来出来るシミ予備軍」と「出来てしまった気になるシミ」に効果が期待出来ます。

 

 

ビーグレンとアンプルールではどちらもハイドロキノンが配合されているので、「将来出来るシミ予備軍」と「出来てしまった気になるシミ」に効果があります。

 

しかし、ビーグレンとアンプルールではシミへのアタック法にはそれぞれ相違点があります。

 

 

ビーグレンのハイドロキノンは浸透型た「QuSomeRハイドロキノン」

ビーグレンハイドロキノン

 

まずビーグレンですが、注目すべき特徴はその浸透力です。

 

独自の先端テクノロジーによって肌の奥深くまで美白成分を浸透させ、その働きを持続させるという効果があり、シミの大元までしっかり届いて退治してくれる「QuSomeRハイドロキノン」を使用しています。

 

ビーグレンが独自開発した「QuSomeR」は、お肌の奥まで美肌成分をお肌の角層の奥まで届けることが出来る、髪の毛の500分の1のサイズのカプセルです。

 

ハイドロキノンはお肌に浸透しにくいと性質があるので、市販のハイドロキノンクリームはハイドロキノンの濃度が高く配合されているものもあります。

 

しかし、ハイドロキノンはお肌への刺激が強い成分なので、お肌にピリピリした刺激を感じたりと、敏感肌の人は特に注意が必要です。

 

ビーグレンは「QuSomeR」の中にハイドロキノンが入った「QuSomeRハイドロキノン」はお肌の奥に浸透しやすく、お肌の奥で長時間とどまり効果を発揮させることができます。

 

そのため、刺激の強いハイドロキノンを高濃度で配合しなくても、シミを消す美白効果が高いハイドロキノンクリームとなっています。

 

この、独自の浸透テクノロジーは、ハイドロキノン以外にも、美白美容液のピュアビタミンなどにも使われています。

 

洗顔では角質を出来るクレイウォッシュが採用されているので、より浸透力が上がります。

 

ビーゲレンの美白化粧品「ホワイトケア」をライン使いすると、お肌の奥に美容成分が働きかけられるので、お肌の土台を整えて、部分的なシミだけではなく、顔全体のくすみなどにも効果が大きいです。

 

お肌を全体的に明るくしたいという方には特におすすめの化粧品ですね。

 

 

アンプルールのハイドロキノンは「新安定型ハイドロキノン」

ビーグレンハイドロキノン
一方、アンプルールの一番の特徴は、「新安定型ハイドロキノン」です。

 

ハイドロキノンはとても刺激の強い成分のため、使い方を誤ると皮膚を傷つけてしまうこともありますが、アンプルールではこの特徴によりハイドロキノンを一気に肌に触れさせないため、有効成分が肌に優しく作用してくれるのです。

 

 

 

重要? 使用方法の違いについて

 

ビーグレンとアンプルール、どちらを使うか迷っている人が多いようですが、両者には使用方法に大きな違いがあるので、より自分に合った使い方ができる方を選ぶことが肝心です。
買ったあとに、「しまった!」と後悔することのないよう、両者の違いを事前にしっかり検討しましょう。

 

ビーグレンは、顔全体に塗る

敏感な目の周りにも使用可能ということなので、顔全体に広がるシミやそばかすにはビーグレンが向いているでしょう。また、顔全体のくすみにも対応できるので、お肌が全体的に明るくなったように見えます。

 

アンプルールは、シミへのスポット使い

化粧水を付ける前に、気になるシミの部分にピンポイントで使用します。目立つシミが1つ2つくらいしか無いような人にはこちらが向いているでしょう。

 

これが両者の決定的な違いと言えます。

 

ビーグレンとアンプルール。結局どッちの方がシミに効くの?

 

どちらもシミには大変効果の高いケア商品なのですが、よりシミに効いてくれるのは一体どちらなのか気になりますよね。

 

多数の口コミを調べてみたところ、どちらかと言うとビーグレンの方が浸透テクノロジーの働きによってより早い効果をもたらしてくれるようです。

 

アンプルールの方は、肌に優しくじんわり効いていく感じですね。

 

ビーグレンもアンプルールも、使用を続けると「本当にシミが薄くなった!」「そばかすが消えた!」などの声が多く、シミに悩む世代の女性たちの注目を集めています。

 

どちらを使用しても、シミを薄くする効果は得られるとは思いますが、より早い効果を感じたい人にはビーグレンの方が向いているかもしれません。

 

お互い使用方法が異なりますので、自分に合った使い方のできる方を選ぶのが良いかと思います。

 

まずは7日間トライアルセットで試してみる。

ビーグレンとアンプルールはどちらも1週間のトライアルセットが用意されています。

 

まずは、どちらもトライアルセットを購入してどちらが自分の肌に合うか試してみるのがおすすめです。

 

ビーグレンのホワイトケア トライアルセット

1,944 円(税込み)と安価で買いやすく、送料無料・代引き手数料無料です。

 

しかもお肌に合わない場合は、購入してから365日までなら、返金してもらえる制度もあります。

 



 

 

アンプルールのラグジュアリーホワイト トライアルセット

アンプルールも買いやすい送料無料1,890円(税込み)、支払手数料無料です。ビーグレンのように返金保証はないですが、お肌に合わなかったら身体に使ってもいいですね!