馬油の美白効果と、シミが目立ちにくくなるまでに必要となる期間

馬油の美白効果と、シミが目立ちにくくなるまでに必要となる期間

馬油

 

気になる薄いシミをお手軽に手に入る馬油で効果的に対処する方法をご紹介していきます。

 

人間の皮脂に近い性質

 

人間の皮脂は、肌を保護するために分泌されています。

 

皮脂が肌表面に十分に存在していれば、肌は外部から物理的な刺激を与えられたとしても、それをダイレクトには受けなくなります。

 

また皮脂の膜によって、肌の内部の水分が抜けにくくなることから、空気が乾燥していても、肌は潤いを保つことが可能となるのです。

 

逆に言えば、皮脂が不足すると肌は衝撃をまともに受けたり、乾きやすくなったりするということです。

 

顔をこすったり洗いすぎたりすると、肌が荒れやすくなるのは、それらによって必要な皮脂が除去されるためなのです。

 

しかし馬の皮下脂肪から抽出された馬油を使用すれば、皮脂不足による肌トラブルを防ぐことが可能となります

 

なぜなら馬油は、人間の皮脂に極めて近い性質をしているからです。

 

そのため肌に塗れば、馬油は肌にスムーズになじみますし、皮脂の代わりに肌を保護してくれるようになるのです。

 

馬油に美白効果が期待できる理由

 

馬油は、緩衝作用や保湿効果だけでなく、美白効果があることでも有名。

 

皮脂不足によって肌表面の角質層がめくれ上がり、肌のバリア機能が低下させることが、シミが出来やすい肌になる原因のひとつとなっています。

 

そのため馬油で潤いを保つと、バリア機能が維持され、シミが生じにくくなるのです。

 

さらに馬油を塗ることで、肌は冷たい空気からも守られやすくなります。

 

つまり温もりが保たれやすくなるということですから、それにより血液の流れが促されます。

 

すると血液に乗って肌に多くの栄養分が届けられることから、肌では細胞の働きが活性化します

 

それに伴ってターンオーバーも促され、シミを構成している古くなって角質となった肌細胞が、通常よりも短期間で除去されるようになります。

 

その結果シミが薄くなっていくので、この点からも馬油には美白効果が期待できるとされているのです。

 

浅いところに出来た薄いシミなら1ヶ月で効果も期待できる

 

ターンオーバーは約1ヶ月周期で進んでいくので、馬油の美白効果も、多くの場合は使用後1ヶ月ほどで現れ始めます。

 

特に、肌の比較的浅い部分にできている薄いシミの除去には効果的です。

 

まるでかさぶたが剥がれるかのように、1回のターンオーバーで消えるという口コミも多くあります。

 

逆に深い部分にあるシミの除去には、長めの期間が必要となります。

 

特に加齢によってターンオーバーの周期が長くなってからは、除去までに年単位の期間がかかることもありますし、馬油だけでは効果が見られない事もあります。

 

出来るだけ効果が出やすくするためには、入浴後や洗顔後などの、肌がクリアになったタイミングで馬油を使う必要があります。

 

余分なものが付着していない分、馬油がよりスムーズに肌になじみ、効果が出やすくなるのです。